50kgダイエットした港区芝浦IT社長ブログ

一歳児の父で社長兼業主夫。惣菜屋⇒リフォーム屋⇒Web屋のノウハウを活用した節約弁当・レシピ・ダイエット・IT関連情報を発信中!

【1食120円】豚焼肉弁当レシピ ~ビタミンB1で疲労回復!男の豪快飯で元気~【パパ手作り節約弁当】

ビタミンB1豊富な豚焼肉弁当で疲労回復。

昨日の節約弁当ランチは豚焼肉弁当でした。

豚肉はビタミンB1が豊富で糖質をエネルギーに効率よく変換してくれるそうです。このお弁当を食べれば、疲れがたまる週の後半戦も元気に健康で頑張れそう。

コストは豚焼肉81円、ご飯26円、キムチ8円、ネギナムル5円、合計120円。ワンコインランチと比較して380円節約できる栄養豊富で安価なパパ手作り節約ランチ弁当です。

  • 豚の脂をカットするよう炒めるので冷めても白く固まらずヘルシー。
  • 味付けはコチュジャンを加えたピリ辛味が食欲を増進。特に男が好きな味系でご飯が進みます。
  • ネギナムル、キムチを混ぜるとビビンバのようになり、味変が楽しめます。
  • 彩りとカサ増しに人参とインゲンをプラス。野菜の甘みがシンプルにおいしくビタミンも補給OK。
  • 作り置きしておけば、朝つめるだけでOKな簡単弁当。

それでは、簡単な材料と作り方をご紹介します。

豚焼肉弁当の作り方

左から、豚焼肉、ネギナムル、キムチです。下にご飯が入ってる丼スタイルです。

豚焼肉の簡単レシピ

一食分で81円。ランチのお弁当なのでにんにく入れてないですが、ディナーやニオイ気にしない場合はニンニクいれてるとよりおいしい。

材料(2人前)

  • 豚こま肉 150g 117円 ※一口大にカット
    豚モモ肉ならさらにビタミンB1 多いのでおすすめ。
  • コチュジャン 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 味噌 小さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • コショウ 少々
  • 砂糖 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 人参 1/4本 25円 拍子切り
  • インゲン 50g 20円 人参と同じ幅にカット
    ※今回は冷凍インゲンを使用

作り方

  1. フライパンを中火で熱し、ごま油で豚こま肉を重ならないように並べて焼き付ける。※焼肉のようなイメージ
  2. 片面がこんがり焼けたら裏返して、裏側も豚の脂を引き出すように中火でじっくり焼き、出てきた脂はキッチンペーパーでふきとる。
  3. 人参、インゲン、調味料を加えて、汁気が無くなるまで炒め合わせたら完成。
ポイント
  • 豚肉の脂身がカリッとするまで焼いて、脂をふきとると冷めても白く固まらずさっぱり食べられます。

ネギナムルの簡単レシピ

1食分5円。たっぷり作って保存しておいてもOK。

材料

  • 長ネギ 10cml アラみじん切り 10円
  • 塩 ひとつまみ
  • 砂糖 小さじ1/2
  • コショウ 少々
  • ごま油 小さじ1

作り方

  1. 粗みじんにカットした長ネギ、調味料を混ぜれば完成

サムギョプサルの薬味にもおいしい。白髪ネギで作ってもOK。

キムチはたっぷり買う派

今回入れた量だと8円。

キムチは時間が立つと酸味が出てきますが、ごま油で炒めたりすると逆に美味しかったりします。たっぷり多めに買って、納豆に混ぜてキムチ納豆にしたり、キムチ鍋、焼肉やサムギョプサルで消費します。

肉のハナマサだと1kg400円ぐらいで売ってるPB品は味もなかなかでおすすめ。通販でもいろんな本格キムチが買えるので、自分好みのキムチを探すのも楽しいです。いつか本場で食べてみたい、そして作ってみたいなw

↓これなんて安いけど評価高いから気になる。10kg買う勇気はまだ無いけど(笑)

豚焼肉弁当レビュー

  • コスト節約:★★★☆ 食材費120円(ワンコインランチと比較して380円節約)※豚焼肉81円、ご飯26円、キムチ8円、ネギナムル5円、合計120円。
  • 美味しさ:★★☆ コチュジャン入りでピリ辛、豚肉の旨味と甘みがご飯にぴったり。まさに男が好きな味系。
  • ヘルシーさ:★☆☆ 豚肉のタンパク質にビタミンB1、ネギ、インゲン、人参、白菜キムチも栄養豊富。ただし、少し塩分が多め。
  • 簡単さ:☆ フライパンで焼くだけなので簡単です。
  • 調理スピード:☆ 10分で完成する簡単スピードメニュー

【食べた感想】

豚焼肉はしっかり目に味がついているので白飯と相性バッチリ。ネギナムルとキムチは途中から変化球をつくれるアクセントとしてしっかりと役割を果たしてくれます。豚焼肉弁当を食べると体も心も元気が湧いてきました。

疲れたときこそ旨い、そんな豚焼肉弁当でした。

読者登録フォローメルマガ購読も楽しみにお待ちしてます。

追伸

電柱、何もココに杭?打たなくても(笑)と思わず写真撮ってしまった保育園の帰り道。

ここは・・・どこ???

↓Googleマップが登場以来、めっきり紙の地図を見ていません。でも、この地図は楽しそう。いつも通ってるところが意外な歴史ある場所だったりするかも?