50kgダイエットした港区芝浦IT社長ブログ

一児の父で社長兼業主夫。惣菜屋⇒リフォーム屋⇒Webコンサル屋のノウハウを活用した節約弁当・レシピ・ダイエット・IT関連情報を発信中!

Amazon Payとは?導入方法とメリット・デメリットまとめ

>>期間限定【1冊無料+Amazon最大3000ポイント獲得】本を聴く、Audible無料体験はこちら

Amazonギフト券- 印刷タイプ(PDF) - Amazonベーシック(ホワイト)

Amazon Payって導入する価値ある?ない?

Amazon。もはや最強すぎて怖い存在になりつつありますが、Amazon Pay導入しない?ってオファーがメールで届いたので、導入検討するついでにまとめてみました。

  • Amazon Payってなんだ?メリット・デメリット比較してみた
  • Amazon Payの導入コストや決済手数料とは?導入している会社はどこか
  • Apple、楽天、Google、LINEなど最近出てきた決済サービスとの違いとは?

調べるほどAmazonは強い。そして強すぎて恐ろしいと思うほど強力。ユーザーファーストという名のもとに正義の鉄槌で駆逐してしまうパワフルさ。Amazon Payという決済サービスも世界制覇してしまうのか?詳細はこちら。

※Amazon最安値で買う方法の非公式ガイドブックはこちら

Amazonで最安値で買う方法&アソシエイトで稼ぐ術

Amazon Payとは?

まずAmazonについてはこちらへ。

Amazon

このAmazonを活用した決済サービスがAmazonPayです。動画があったのでリンクします。

  • ネットショッピングは入力がいっぱいあって大変
  • AmazonPayならAmazonアカウント経由で支払いができる(Amazonにログインすることで、Amazonじゃないお店でもAmazonに登録している住所や支払い方法を使って決済できる)

www.youtube.com

Amazonログイン&ペイメントの強味

これもYouTubeにあったので紹介。

  • Amazonの膨大なユーザー
  • カート落ちが減るのでコンバージョン率アップ(売上アップ)
  • Amazonのセキュリティが使えるのでセキュリティコストが下がる

www.youtube.com

Amazon Payの導入方法

  1. 申し込みフォームに入力し登録する
    販売事業者様向け:Amazon Pay お申し込みフォーム
  2. 利用規約の確認をして同意する
  3. 設定を開始する

Amazon Payのコスト・手数料

  • 初期費用・・・無料
  • 月額費用・・・無料
  • トランザクション料・・・無料
  • 物販の販売・・・4%
  • デジタル販売・・・4.5%

ペイパルと比べるとちょっぴり割高という程度でしょうか。取引量が増えたら下げる交渉ができると魅力も出てきそうですが、コスト以上にメリットがあるなら導入する価値はありそうです。なんだかんだAmazonは強いです。ただ、怖いのは強すぎて途中で改悪する可能性もあることです。プライム会員が値上げしたとアメリカでも話題になってましたし。日本でも今後値上げはありうると予測します。

※Amazonプライムについてはこちら

Amazon.co.jp: Amazon Prime

Amazon Payの導入企業

最近、見かけますよね、Amazonのロゴ入ったやつ。あれ?Amazonなん?って思うけど決済だけAmazonに代行してるってことで、Amazonの外のお店でもAmazon経由で決済できるからコンバージョン率高くなるってメリットあるから。

実際に導入している会社は

  • エドウィン
  • 日ハム
  • Jins

とよくわからないラインナップでお客様の声的に掲載されてます。

導入事例 | Amazon Pay

Amazon Payのメリット・デメリットとは?

メリット

  • Amazonの圧倒的ブランドとユーザー数でカート落ちが減る
  • 決済を代行してもらうことで自社の管理コストやセキュリティ、リスクが減る
  • 初期費用や月額費用が無料で、導入しやすい

デメリット

  • 手数料がやや高く4%、デジタルコンテンツは4.5%

ということで、手数料を払ってでもメリット大きいなら価値はあります。初期無料なのは導入しやすいので良いですね。実際、小さいお店のECサイトは、セキュリティの不安や一回しかつかない可能性あるお店で住所とか打ち込むの面倒だったり、入力しにくいとかいろいろ問題があって決済間近で落ちる人、います。自分もそういうときあるしwその点、Amazonは最強かも。悔しいけど。

Amazon Payのマンガが無料ダウンロードできる?

なぜあのECサイトで買ってしまうのか?人気繁盛店「ozie」が支持される理由

・EC事業の経営者様・責任者様
・ECサイトの運営者様
・EC事業のマーケティング担当者様

向けのマンガ。分かりやすく読めそうです。

この読み物では、実在の繁盛店「ozie」の社長から、マンガ形式でわかりやすく、ECサイト売上アップのコツを学ぶことができます。
また中では弊社のAmazon Payもご紹介。「Amazon Payって何?」「メリットは?」「デメリットは?」というEC事業者様にも、疑問を解消できるコンテンツとなっています。ぜひご一読ください。
引用:Amazonから届いたメールより一部引用

詳細・ダウンロードはこちら:なぜあのECサイトで買ってしまうのか?無料漫画プレゼント|Amazon Pay

Amazon Payと他の決済と何が違うの?

最大の違いはプラットフォームの違い

Apple Pay、Google Pay、楽天 Pay、LINE Payいろんなプラットフォームのユーザー情報を用いた決済競争が激化しています。AmazonはAmazonユーザーを、AppleはAppleユーザーを、GoogleはGoogleユーザーを、楽天は楽天ユーザーを、LINE PayならLINEユーザーを使って決済するわけなので、それぞれのターゲットユーザーがいるならば利用検討する意味があります。

ただ、それぞれ調べてみると特長や機能も異なるようです。

Apple Pay

クレジットカードや交通系の電子マネーも登録できて日常利用に便利。決済代行というよりはクレジットカードを登録して利用するサービス。Appleウォッチを使うと腕時計でも決済できてスマートにどや顔できそう。

www.apple.com

Google Pay

GoogleウォレットとかandroidPayとかありましたが、一つに統合されました。Googleアカウントに登録してある決済情報が使ってお店やネット通販でも買えるらしいですが、あまり見かけない気がします。

ググってもandroidPayが出てくるのでとりあえず張っておきます。

www.android.com

楽天 Pay

楽天ポイントをためてる人におすすめの楽天の決済サービス。スマホで決済できてポイント二重取りできるので、楽天大好き主婦が使ってるイメージもあります。主夫の私もアプリ入ってる。でもよく使うお店が対応してないのでほぼ使ってない状態。

pay.rakuten.co.jp

LINE Pay

LINEを使ってチャージをして、お店で決済したり、LINEユーザーに送金したりできるサービス。コンビニでもチャージできるので幅広い年齢の人が使いやすい。ポイントが2%も付くのでかなりお得。インターフェイスも優しいのでおっさんでも分かりやすいのがいいねw

line.me

結論:AmazonPayは導入すべきか?

導入するべき企業

  • 顧客、または見込み客がAmazonユーザー
  • 手数料や導入の手間を差し引いてもメリットが強い

導入に向かない企業

  • 顧客、または見込み客がAmazonユーザーでない
  • 手数料や導入の手間を差し引くとデメリットが強い

ということになろうかと思います。

今は過渡期なので決済方法は様々。覇権争いの真っ最中。ビットコインとか仮想通貨とはまた別の話と思いきやLINEが参入したりとまさにカオスの中、決済手段は慎重に選びたいところ。

Amazon最強は今後も続くのか?

いずれにしても、Amazonは現段階では最強ともいえるプラットフォームの一つ。カートで落ちる率が高い場合は導入検討する価値はありそう。でも、Amazonにばっか勝ってほしくない、けど楽天やLINEも、と悩んでるうちに、また別のプラットフォームから革新的な決済方法が登場する可能性もはらんでいます。現金、カード、金などの価値の変化に仮想通貨バブル。どんどん通貨と価値のカオスは進みそうです。しばらく注目ですね。

でも、実際中国やインドなど人口多い国って強いしプラットフォームというか通貨そのものの在り方が根底から激変する可能性が高くあります。日本企業も世界に勝つには任天堂パワーを使うしかないか。仮想通貨でもJコインは日本専用だろうし。

「アリババはどのようにしてeBayを中国から駆逐したのか?」とかこの本、ちょっと面白そうなのでチェック中。

Amazonビジネスによるこっちの業界への影響もありそうです。

tanaboo.hatenablog.com

Amazonフレッシュはネットスーパーを駆逐しそう。エリアがまだ狭いけど脅威でしょうね。

tanaboo.hatenablog.com

なお、普段の買い物はAmazon最安値をちゃんと見ないと危ないです。

tanaboo.hatenablog.com

フォロー&最新情報はこちら

50kg痩せた港区芝浦IT社長プロフィール

今後も美味しく簡単で安上がりなレシピやダイエット情報を更新します。港区芝浦IT社長ブログにご興味ありましたらTwitterフォローメルマガ購読はてな読者登録して更新情報をお受け取りくださいね。もちろん、 お友達や知り合いに紹介・シェアも歓迎です。

無料!レシピ本のダウンロードはこちら

f:id:tanaboo:20180118154545p:plain

元惣菜屋のヘルシーで安くて旨いダイエットレシピはココで無料配布中。

独身時代は孤独のグルメ、結婚したらクッキングパパに変身。
このブログを書いてる人についてはプロフィールも読んでね。

f:id:tanaboo:20170830071451p:plain

↑でででー画伯様に書いて頂きました。詳細は絵を押してね↑

50kgダイエットした港区芝浦IT社長ブログHOMEへ移動して最新記事を見る

作成時間:33分、3524文字