50kgダイエットした港区芝浦IT社長ブログ

一歳児の父で社長兼業主夫。惣菜屋⇒リフォーム屋⇒Web屋のノウハウを活用した節約弁当・レシピ・ダイエット・IT関連情報を発信中!

【手作りのりたま】レンジで簡単定番ふりかけ再現レシピ~1食3.5円で安心・安全・無添加~

ふりかけの大定番「のりたま」がレンジで簡単に作れるって知ってました?

  • 無添加!糖質&カロリーもオフを実現したダイエット版ヘルシーのりたま!
  • 超簡単!レンジだけで完成。後片付け含めて10分あれば作る時短調理術。
  • 安くて手軽!家にある食材ばかりで作れる様に素材を厳選絞り込み。

そもそも手作りふりかけを作ろうと思った背景には、一歳半の息子がご飯中に遊びが激しく、何か夢中になって食べてもらえるものはないか?という悩みから。

子供はふりかけが好き、ということで小さいお子さんから大人まで安心して食べれる無添加で塩分控えめな手作りふりかけを考案。初めはフライパンで煎る方法で作っていたのですが、忙しい時でもスグ作れる、レンジで簡単に材料もシンプルにして手軽に美味しくヘルシーなふりかけレシピを開発しました。

まだ発展途上の実験中レシピですが、作り方の詳細を初公開します。ご参考になれば幸いです。

50kg痩せた港区芝浦IT社長プロフィール

50kg痩せた港区芝浦IT社長プロフィールも読んでね。Twitterフォローメルマガ購読読者登録もお気軽にどうぞ。

手作りのりたま簡単レシピ

このレシピを参考にしました。

oceans-nadia.com

根気よく卵を20分いると電子レンジ調理より美味しいとのこと。味重視ならこちらへ。

今回は更に簡単にするため材料も家にある絞り込み、レンジだけで作ってみました。

材料(50食分)

材料費合計で172円。1食あたり3.5円。1食2.5gが基本なので卵3個だけで50食分も作れます。多すぎる場合には量を減らして作ってみてくださいね。我が家は多めに作って小分け冷凍保存して使ってます。熱々ご飯なら凍ったままかけても食べられますので(笑)飽きたらアレンジも無限だし。

  • 卵 3個 60円
  • 鰹節のだし粉末(かね七 天然だしの素パック)2袋 28円 ※中身を出す
  • 鰹節 小袋2袋(2g×2=4g)25円
  • 青のり 大さじ1.5杯(約4g)36円
  • 煎りゴマ(白) 大さじ1.5杯(約10g)7円
  • エリスリトール 小さじ4杯(または砂糖小さじ3)16円
  • 塩 小さじ1 0円

無添加のポイント

 

  • 化学調味料(味の素)を入れない(好みでどうぞ)。
  • 出汁の粉末も無添加を使用する。

出汁の粉末はこれを使用:かね七 天然だしの素パック 400g( 8g×50p)

鰹節、いわし煮干し、昆布、しいたけ、あじの粉末。栄養いっぱいな素材をふりかけで丸ごと食べられる(*´ω`*)めっちゃヘルシー。出汁の粉末ない場合は鰹節を倍に増やせば大丈夫です。

出汁はあっさり味だけどコスパ良いです。出汁パックはモノによって塩が入ってたりするので原材料を見て選んでください。塩入りの場合は塩減らせばOKですけどね。

エリスリトールは添加物?

エリスリトールは科学的なイメージ強いですが、調べたら食品扱いなので添加物じゃないそうです。

「エリスリトール」は糖アルコール(注1)の一種で、食品添加物ではなく「食品」扱いのため、表示の省略が認められる場合があります。引用:アイスクリームに「エリスリトール」が使用されているのに表示がない!(メールでよくある情報提供と回答)_国民生活センター

作り方

  1. 卵にエリスリトール(砂糖)を入れてよく溶きほぐす。
  2. 電子レンジ(600W)で2分間加熱します。
  3. ザルで潰しながらこして細かい卵そぼろを作ります。
  4. 他の材料を卵そぼろと混ぜ合わせます。
  5. レンジ(600W)で1分間加熱→混ぜるを4~5回繰り返します。パラパラと乾いたら完成。加熱しすぎると焦げるので注意。※ラップはしないでOK

冷めたらパラッパラになってます。まさにのりたまヽ(=´▽`=)ノ

保存方法

無添加ですが水分を飛ばしているのでそこそこ日持ちはします。ただし、手作りなので密閉できる容器に入れて冷蔵庫で1週間以内、冷凍庫で1ヶ月以内を推奨します。もちろん清潔なスプーンなどでふりかけてくださいね。直箸や手でつまんでしまうと、菌が付いて腐りやすくなりますのでご注意を。

のりたま専用のかわいい入れ物発見

ちなみにこんなかわいい入れ物に入った「のりたま」が。手のりたま。ネーミングもいいね。

詳細:丸美屋 手のりたま 容器入 20g

 

丸美屋 手のりたま 容器入 20g×5個

これに詰め替えして使ったら子供も喜びそう。

おいしく作るコツ

  • 焦がさないようにレンジで加熱したら1分に1回混ぜてチェックする。
  • 塩加減、砂糖(エリスリトール)の甘さは好みで調整ください。

フライパンで煎る作り方

フライパンで煎る方が美味しいという事で、フライパン調理+レンジ調理も試してみました。

  1. 卵に全部の材料を混ぜます。
  2. フライパンに油(バターだとよりコク出る)を引いて1.を炒めます。
  3. 炒り卵になったらレンジで1分ずつ乾くまで数回加熱してほぐしながら混ぜたら完成。全部卵に混ぜちゃうので色は悪いけど味は良いです。この方法もオススメ。

レンジ調理もバターやマヨネーズなど油系を混ぜて作ると美味しくできそう。

のりたまの美味しい食べ方

要は「和風味の卵そぼろを乾燥させたもの=のりたま」という考え方。

本家の丸美屋のりたま比較

「のりたま」は「こしあん」入りってところが一番ビビります。

原材料の違い

参考:丸美屋 のりたま 業務用 250g

○が使用、☓が不使用、△は代用品を使用です。

  • 胡麻→○
  • 鶏卵→○
  • 砂糖→△(エリスリトールで代用)
  • 小麦粉→☓
  • 乳糖→☓
  • 食塩→○
  • 大豆加工品→☓
  • 海苔→☓
  • こしあん→☓
  • さば削り節→○
  • マーガリン→☓
  • パーム油→☓
  • 海藻カルシウム→☓
  • エキス(チキン、鰹、魚介、酵母)→△(削り節パックで代用)
  • 鶏肉→☓
  • 澱粉→☓
  • 鶏脂→☓
  • 脱脂粉乳→☓
  • 醤油→☓
  • 粉末状植物性蛋白→☓
  • 抹茶→☓
  • あおさ→○
  • ぶどう糖果糖液糖→☓
  • 卵黄油→☓
  • イースト→☓
  • みりん→☓
  • なたね油→☓
  • バター→☓
  • 大豆油→☓
  • 調味料 (アミノ酸)→☓
  • カロチノイド色素→☓
  • 酸化防止剤 (ビタミンE)→☓

ご覧のとおり、多種類の素材から「のりたま」は製造されてるんですね。今回私が作ったのは超シンプルなスタイルですが本家は「こしあん」や「バター」に「抹茶」まで入ってるとは思いませんでした。また、「のりたま」だから海苔と卵が多いと思ったら一番多いのは胡麻なんですね。重さベースだと思いますが意外でした。

今回つくった無添加のりたまとの味の違いと再現への道

  • あっさりしている(バターやマーガリンで卵を煎ってから加熱すると近くなりそう)
  • コクと旨味が薄い(化学調味料やエキスとして味覇や鶏ガラスープの素を入れると近くなりそう。ジャンキーな味にしたくないので入れないけど)
  • 海苔が入ってない(刻み海苔を追加してみよう)

別にのりたま本家の味がBESTだというわけでは無いですし、好みしだいで作れるのが手作りの醍醐味。素材の配合やカレー粉いれてカレーのりたまにしてもOKなわけで。

コストの違い

今回、172円で50食分が作れましたので、1食3.44円です。コストダウンはまだまだ可能ですが十分安上がりです。10分で50食分が作れるので手間も最小。洗い物も少ないので見えないコストもぐっと安くなってます。

大袋のお得な本家のりたまは58g入りで179円(Amazon2017年5月13日現在)でした。

Amazon丸美屋 のりたま 大袋 58g

約23人前で179円。1食約8円程度となりますので、市販品の半額以下で手作り無添加なのりたまが作れる計算になります。

と言っても人生でふりかけ消費金額は微々たるもの。コスト以上に注目したいのは栄養素や安心感かもしれませんね。

のりたまアレンジ案

手作りふりかけの楽しさはアレンジにあるかも知れません。自由です。あなたが食べたいものを「ふりかけ化」して作り食べる楽しみ。ハマります。

  • のりたま+カレー粉=カレーのりたま
  • のりたま+食べるラー油=ラー油のりたま
  • のりたま+山椒=山椒のりたま
  • のりたま+黒胡椒=ブラックのりたま
  • のりたま+鮭フレーク=鮭のりたま
  • のりたま+明太子フレーク=のりたま明太
  • のりたま+魯肉飯フレーク=台湾風のりたま

無限にできるじゃん。だんだんのりたまの枠を超えるけどw

でも、自家製ふりかけの世界は奥が深そう。この本読んでいろいろ作ってみたいw

今後再現したいふりかけシリーズ

今回は私の中で一番ポピュラーな「のりたま」でした。今後はどんなふりかけを作ろうかな?とスーパーやAmazonのふりかけコーナーを見ています(笑)

おとなのふりかけシリーズ

これは衝撃だったなぁ。贅沢なふりかけだし、「おとな」という子供心をくすぐるネーミングとCM。わさび味好き。あ、大人Versionののりたま良いかも。

焼肉ビビンバふりかけ

なんとなく桃屋っぽいけど丸美屋さんでしたか。焼肉ビビンバなふりかけ。もうなんでもありだね。

あなたが好きなおすすめふりかけは何ですか?美味しい食べ方や地元だけの定番品などもあったら教えていただけたら嬉しいですヽ(=´▽`=)ノ

まとめ

いかがでしたか?今回は「【手作りのりたま】レンジで簡単定番ふりかけ再現レシピ~1食3.5円で安心・安全・無添加~」をご紹介しました。まだまだ改善の余地がある進化中のレシピですが、レンジでも簡単に手作りのふりかけが作れる、という認識を持つだけで家の食材が「ふりかけ」に変身できそうに見えてきます。いろんな味付けや素材を組み合わせして、ご飯だけじゃなくパンに合うふりかけ、パスタやラーメンにトッピングするふりかけ、いろいろできそうです(*´ω`*)

あ、このふりかけで息子もご飯バクバク食べてくれました。それでも遊ぶけど(;´Д`)

更新予告~痩せるエリスリトールあんこの作り方~

「のりたま」の原材料にも使われている「こしあん」ですが、ダイエット中に食べても罪悪感の無いあんこがあれば・・・そこで、砂糖をエリスリトールに置き換えることで、砂糖のカロリーと糖質はゼロにできる甘いのに痩せるあんこを開発しました。しかも、「さらしあん」を使うからお鍋で練ったら完成の超簡単レシピです。小豆はタンパク質も食物繊維も豊富な栄養の宝庫。しっかり甘い美味しくなめらかなダイエットこしあんです。ただ、エリスリトールならではの問題点にも・・・続きは更新後に。

↓2017年5月15日更新しました

tanaboo.hatenablog.com

tanaboo.hatenablog.com

レシピは随時更新していますので、ご興味ありましたらTwitterフォローメルマガ購読はてな読者登録して更新情報をお受け取りくださいね。お友達にも気軽に紹介してね。

レシピ カテゴリーの記事一覧 

独身時代は孤独のグルメ、結婚したらクッキングパパに変身。
このブログを書いてる人についてはプロフィールも読んでね。

50kgダイエットした港区芝浦IT社長ブログHOMEへ移動して最新記事を見る