50kgダイエットした港区芝浦IT社長ブログ

一歳児の父で社長兼業主夫。惣菜屋⇒リフォーム屋⇒Web屋のノウハウを活用した節約弁当・レシピ・ダイエット・IT関連情報を発信中!

【1食123円】男が喜ぶトンカツ×メンチ=トンカチ弁当掛け算レシピ ~肉を肉で挟んだガッツリフライの誕生~【パパ手作り節約弁当】

トンカツとメンチ、両方食べたい願いを叶えるMIXメニュー、それがトンカチ。

昨日の節約弁当ランチはトンカツ×メンチ=トンカチ弁当でした。

コストはトンカチ77円、キャベツ千切り4円、ピクルス2円+おにぎり2個40円の合計123円。ワンコインランチと比較して377円節約できる栄養豊富で安価なパパ手作り節約ランチ弁当です。

  • 豚の薄切り肉にメンチの肉ダネを挟んで揚げる他では味わえないオリジナルフライの味とは?
  • 男が喜ぶガッツリな揚げ物。冷めてもサクサクに揚げるコツとは?
  • トンカツもメンチも食べたい、両方の味を一気に味わえます。

それでは、簡単な材料と作り方をご紹介します。

トンカツ×メンチ=トンカチ弁当の作り方

左から、トンカチ、下に千切りキャベツ、自家製ピクルスです。

トンカツ×メンチ=トンカチの簡単レシピ

1人前で77円。中のメンチはキャベツと豆腐入りのさっぱり系ですが、フライなのでやっぱガッツリ系になりますw

材料(2人前)

  • 豚ロース薄切り肉4枚 約100g 100円
  • 豚ひき肉 50g 40円
  • 木綿豆腐 50g 8円
  • キャベツ 葉1枚の半分(30g)5円 みじん切り
  • 塩 小さじ1/3
  • コショウ 少々
  • ナツメグ 少々 ※お好み
  • バッター液 適量 ※小麦粉1:水1で練ったもの
  • パン粉 適量

作り方

  1. ボウルに豚ひき肉、塩、コショウ、ナツメッグを加えてよく練る
  2. 1.にキャベツ、豆腐を加えて混ぜる
  3. 豚薄切り肉の上に2.の肉だねをのせ、上に豚薄切り肉をかぶせる
  4. バッター液にくぐらせ、パン粉をシッカリつける
  5. フライパンに3cm程度の油を入れて180度の油でしっかり揚げ焼きすれば完成
冷めてもカリカリにするコツ
  • 揚げ上がり30秒は強火にする
  • 油をしっかりときる

↓5分程度休ませてから切った断面。外はトンカツ、中はメンチのガッツリフライ。

キャベツの千切りの切り方

1食分4円程度。キャベツは切り方と水にさらす作業一つで味がぜんぜん違います。家の包丁でもとんかつ屋さんみたいなキャベツ千切りも作れます。

このサイトが一番分かりやすいです。参考にして試してみてください。

葉脈(繊維)にそって切ると、シャキッとした食感になる

www.sirogohan.com

なお、私は水にさらさないで食べるキャベツ千切りも好きです。シャキシャキ感は薄れますが、水っぽくならずキャベツの味がより味わえます。

自家製ピクルスの簡単レシピ

今回いれた量で2円程度。外で頼めなくなるコスパ良い自家製ピクルス。

材料

  • 酢 100ml
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖 大さじ2
  • 野菜(今回は人参大根と京人参)

作り方

  1. お酢、塩、砂糖をよく混ぜる
  2. カットした野菜を漬ければ完成

1時間でも浅漬け風に美味しく、3日もしたらしっかり漬かります。一週間は保存OK。

人参やパプリカ、味付けにはお好みでコショウやハーブも入れると個性でて楽しいですよ。

定番の自家製ピクルスレシピはこちら

トンカツ×メンチ=トンカチ弁当レビュー

  • コスト節約:★★★☆ 食材費123円(トンカチ77円、キャベツ千切り4円、ピクルス2円+おにぎり2個40円の合計123円。ワンコインランチと比較して377円節約
  • 美味しさ:★★☆ 男が好きなガッツリ系のフライです。中身は柔らかでソフトですが、揚げ物ですからパワフル。
  • ヘルシーさ:★☆☆ キャベツを多めにすることでなんとかヘルシー度を保つ。ミンチにキャベツと豆腐入れてるのでトンカツやメンチ単品よりは多少ヘルシーかな。
  • 簡単さ:★★☆☆ 特別難しい技術や調理法は不要です。
  • 調理スピード:★★☆☆ 下ごしらえしておく、作りおきしておけばあっという間に完成です。

この丸いお弁当箱は工房アイザワ。

【食べた感想】

冷めてもカリっと衣の食感が残ってておいしい。ガッツリのフライにキャベツとピクルスで中和。おにぎりとセットでモリモリ食べて元気回復です。

今後もコスパ重視の節約弁当やたまの贅沢グルメで美味しく食べて楽しくダイエットしていきます。読者登録フォローメルマガ購読も楽しみにお待ちしてます。

ソースの日本勢力図が面白い

参考:2016年版地域別ソースの勢力図 見えてきた中濃・ウスター境界線 コラム chef-ri | シェフリ

ソースは中濃。ブルドックが主流の東京ですが、今回は特売のキッコーマンを使用しました。お好み焼きとたこ焼きにはオタフクソース。関西ではブルドック?なんや?って感じらしいので、日本のソース勢力図を調べてみた所、おでん、おせち料理のように地域に根ざして主力メーカーが異なるという面白い展開に。

  • 北海道・東北・関東 ブルドック率が高い
  • 中部・北陸 カゴメ率が高い
  • 関西・中国・四国 おたふく率が高い
  • 九州・沖縄 カゴメ率が高い

カゴメが2つの地域に勢力を持ってるところが面白い。

カゴメのソースって全然知らないです。一度も買ったことないし食べたことないかも。

日本の主力ソースカタログ一覧

やっぱ東京もんはコレが定番だと信じてやまないw

カゴメのソース。ケチャップは知ってるけど食べた記憶がないかも。

お好み焼きにはコレ。広島県民はコロッケとかなんでもソースはおたふくソースだとか。

知らないけどAmazonで人気なソース。味見したい。

これもこだわり系で手作りっぽい味がしそう。

パッケージデザイン、ネーミングからして想像できない味。TVでも話題になったソースみたい。

ウスターソースはコレが好き。明治屋で売ってるイギリスの味。

串かつのソースも売ってるんだw パッケージ見たらお土産で買ってしまうかも(笑)

あなたの家のソース、何ですか?